噂:小島秀夫監督がXbox向けに新作を出すためにマイクロソフトと交渉中。

(こちらの海外サイトから抜粋させて頂きました)

小島秀夫監督は、PS4版「Death Stranding」を成功させた後、マイクロソフトに移籍することが報じられていますが、マイクロソフトは小島監督の次回作のパブリッシングに向けて交渉中とのことです。

この噂は、VentureBeatのジャーナリストであるJeff Grubb氏が、本日発表されたPS5用ゲーム「Abandoned」に関する記事の中で、この件に詳しい関係者がGrubb氏に情報を伝えたことを明らかにしたものです。グラブ氏は、今年初めにフィル・スペンサー氏の棚に置かれていた小島プロダクションの像が、この話に関連していると述べています。

小島監督の次回作が近日中に公開されると報じられているほか、『Death Stranding: Extended Edition」の発売も予定されています。

さて、あなたはこの展開をどう思いますか?マイクロソフトは、コンソール開発者が日本での足場を築くために、小島監督の寵愛を得ようとしていると思いますか?

Death Strandingの移植だけならまだしも、XBOXで独占ゲームを出すのは止めてほしいですね。正直どうやっても日本でXBOXが売れるとは思えません。信憑性が高そうな記事ですが噂で終わって欲しいです。

コメント