(購入品レビュー) セイコー クロック 目覚まし時計 アナログ 切替式 アラーム PYXIS ピクシス 青メタリック NQ705L SEIKO

購入品レビュー

個人の意見なので間違えたり勘違いがあるかもしれません。ご了承下さい。

詳しくはこちらのページで

プラス

  1. 同形の時計の中では少し安い
  2. アラームを「ベル音」と「電子音」に切り替えることが出来る
  3. スヌーズ機能がある
  4. 電池の蓋が一体化しているので失くなったりしない
  5. ライトや暗闇で針が光るなどの最低限の機能がある
正面の写真です。左下が電子音とベル音を切り替えるスイッチで、右下が電子音の音量つまみです。

マイナス

  1. アラームの時間が5分前後ズレる時がある
  2. 秒針がスーと動くタイプなのに常にジーと音が鳴っている
  3. アラームのオンオフスイッチが裏に付いているので扱いづらい
  4. アラームと時間を合わせるつまみが頼りなく少し回しづらい

同形の時計の中では少し安い

現在は1,873円ですが、2019年に購入した時は1,603円でした。

アラームを「ベル音」と「電子音」に切り替えることが出来る

普段は電子音にして、早く起きないと駄目な時にはベル音にする、など切り替えが出来るので便利です。ちなみに電子音のみ音量調節が可能で、ベル音の音量は固定です。

電子音の小、中、大、ベル音の順番に鳴ります。動画の最初から音が鳴り、特にベル音はかなりうるさいので音量にご注意下さい。

電池の蓋が一体化しているので失くなったりしない

時計の裏面で、左上がアラームのオンオフのスイッチ、その右がアラームと時間を合わせるつまみ(上の状態で回すとアラームが(反時計回りのみ)、引っ張って伸ばすと時間の調整が出来ます)、分かりづらいですが電池の蓋は下ろしています。
電池を外した画像で単2を1本使います。ガムテープはアラームの音量が最小でも自分には少し大きいので、音量を小さくするために貼っています。

ライトや暗闇で針が光るなどの最低限の機能がある

暗闇でも長針と短針が光って見えます。秒針も少し見えますがカメラの具合で見えるだけで実際には見えません。
上のスヌーズボタンを押すと右上が光ります。結構明るいです。

アラームの時間が5分前後ズレる時がある

これはこの時計に限らず、アナログ時計全般の問題のようです(高いとならないかもしれません)。

秒針がスーと動くタイプなのに常にジーと音が鳴っている

静かな空間だと秒針の音が結構聞こえますので、時計を近くに置く人や秒針の音が気になる人は注意が必要です。

アラームのオンオフスイッチが裏に付いていて、スイッチのサイズ自体も小さいので扱いづらい

アラームを止める時にスイッチが中々下がらない場合があり(上がオンで下がオフ)、そんな時は寝起きから少しイライラします。

今の所おかしくなったりはない

2年程使っていますが、壊れたり調子が悪くなったり動作が変になったりは一度もありません。

アラーム時間

電子音で何分鳴るか試した所30分は鳴り続けました。

スヌーズ機能

スヌーズ機能が何回続くか試した所11回目まで確認しました。そしてスヌーズ機能の間隔は約4分15秒でした。

まとめ

おすすめ度 3.5 同じくらいの値段の中ではおすすめできます。

値段の割に必要な機能を揃えていて、電子音とベル音を切り替えたりなど独自の機能もあるのでおすすめできます。しかし秒針の音がする、アラームの時間が5分前後ズレるなど結構なマイナス点がありますので、この2つを気にする人はデジタル時計を買った方がいいと思います(自分はデジタル時計を使ったことはないですが)。

コメント